「最近、豊後森機関庫で若い男の観光客を頻繁に見るようになったわね」
 「前もドラマのロケ地になったし、今回も何かに出たんじゃないの?」

 先日、機関庫周辺の住民同士の何気ない会話を小耳にはさみました。
 詳しく聞いてみると、最近、若い観光客をよく見るようになったとのこと。
 機関庫の活用推進協議会としては、どんな作品に機関庫が映っていたのか気になる所ではあります。

 早速、機関庫ミュージアムの管理人さんの所に行ってみることに。

 管理人さん「ああ、ラブライブでしょ、今ミュージアムに来るお客さんの1/3くらいはファンの人だよ」
 管理人さん「今日も大阪から5人ほど来たし、昨日は…」

 …

 えっ、あのラブライブ機関庫が出たんですか?

 ネットで少し調べてみると、「ラブライブ!サンシャイン!!」のAqoursの3rdシングル「HAPPY PARTY TRAIN」のPVの舞台が豊後森機関庫という事らしい。


実際にPVを見てみました。

どう見ても豊後森機関庫です。

  管理人さん「ミュージアムに来たファンの人がグッズを好意で置いて行ってくれてるんだよね」

 ――えっ!これ全部無償で置いてってくれたんですか!?恐るべしラブライバー…!

 管理人さん「そうそう、この果南ちゃんがこの曲のセンターで…」

 ――あっ、管理人さん、なんか詳しくなってるし!

 

 lovelive 3
▲巡礼ノートと化した雑記帳
「HAPPY PARTY TRAIN」販売後からは、ほぼ100%、ラブライバー専用となっていた!

 

 seichi
▲Googleマップで豊後森機関庫を検索すると、『聖地』に登録されていました。

 

その時、ちょうど聖地巡礼に訪れていたファンの方にお会いしたので、お話を聞くことに…

lovelive 1
▲関東圏から来ていただいた20代の男性のラブライブファンの方(遠方から、ありがとうございます)

 

lovelive 2
▲ミュージアムにグッズをご寄進いただきました!ありがとうございます!!

 

 ――今日はわざわざ遠方から、この機関庫のためだけに来てくれたんですか?

 ファンの方「はい、そうです。今回の旅行は機関庫を見るためだけに来ました。」

 ――すごい熱意ですね…(汗)

 ファンの方「そんなことはないですよ(笑)、ただ沼津※にも行きましたし、ラブライブの関係であれば日本全国どこでも行きたいと思っています。」
 ※静岡県沼津市はラブライブサンシャインの舞台となっており、市を挙げてラブライブで町おこしをして成功を収めている。

 ――沖縄でも?(笑)

 ファンの方「うーん…(沈黙)、沖縄は……、いや行きます!(笑)」

 ――やっぱりすごい熱意ですね

 ――実際に機関庫に来て見てどうですか?

 ファンの方「最初はアニメの舞台だからという理由から興味が湧いて来たのですが、実際に機関庫を見ると…とても感動しました。ああ、このような場所が日本にあるんだなぁって。機関庫を目の前にして、まるで日常からふっと異国に迷い込んだような感覚を覚えそうでした。あと、豊後森駅の色彩もとても素敵で、好い雰囲気でしたね。」

 ――ファンの目から見てみて、ミュージアムについて一言!

 ファンの方「ファンからすると、少しでもいいんでラブライブサンシャインのグッズコーナーを設けてくれると凄く嬉しいです。例えばミュージアムの入場券を限定的にラブライブサンシャインのデザインにするとか、ちょこっとポスターを貼ってみるとか…」

 ――なるほど…。

 ――最後の質問になりますが、また機関庫に来てみたいですか?

 ファンの方「ええ、ぜひ!また来たいです。」

 ――その時は、ぜひ!玖珠町に泊まって、美味しい豊後牛を堪能して下さいね(笑)

 

 このファンの方、機関庫がとても気に入ったらしく、13時から17時まで、なんと4時間も機関庫に滞在していただきました。
 この日は猛暑だったのですが、炎天下で暑さも気にせずに機関庫の写真撮影をしていただきました。お疲れ様です。

 せっかくだから「機関庫ミュージアム×Aqours」と題して、ファンの方に写真撮影をプロデュース!してもらいました。

lovelive 4

lovelive 5

lovelive 6
▲みんなそろって

lovelive 7
▲電車を押し潰しちゃうぞぉ~

lovelive 8
▲かわいいでしょ

lovelive 9
▲スイーツ列車「或る列車」と

lovelive 10
▲鞠莉ちゃんは普段でもこういうのに乗ってそう

lovelive 11

lovelive 12

 

機関庫ミュージアム 及び 旧豊後森機関庫 では ラブライバーの皆さんのお越し
心よりお待ちしております!

 

豊後森機関庫×ラブライブ!?
(森地区コミュニティのホームページの記事です、ぜひご覧ください)